プロミスの審査の流れや審査落ちしない3つのポイントなどを解説

プロミスは今から申込を行っても1時間後には現金を手にすることが出来るほどスピーディな審査と融資が最大の魅力です。

私も実際にお金を借りるまで1時間と2分で行うことができました。

借入翌日から30日間は無利息であるため、今すぐお金が必要な人はプロミスの選択は間違いありません。

プロミスを利用するには審査を通過しなくてはなりません。

実際に当サイトを見られている方の多くはプロミスの審査に通過出来るのか不安という理由からだと思います。

当サイトはサイト管理人の審査通過時の経験やインターネットによるアンケート調査によってプロミスの具体的な審査基準をデータで表示しています。

ここまでプロミスの審査を通過するための情報に特化したサイトは他にないと思います。プロミスの審査が不安、心配という方にきっとお役に立てると思います。

プロミスを利用するためには審査に通る必要があります。審査に通過しなくてはプロミスからお金を借りることが出来ません。まず、最初にプロミスの審査を受ける条件に該当しなくてはなりません。

プロミスが選ばれる理由
  • 申込から融資まで最短1時間のスピード融資
  • 全ての手続きをインターネットで済ませる事ができるため外出の必要がない
  • カードレスで利用することも可能
  • 振込融資は原則24時間振込反映
  • 三井住友VISAデビットカードに瞬間的にチャージ可能
  • 初回融資の翌日から30日間は無利息期間
  • 残債がある場合は、おとくらぶのクーポンサイトが利用可能
  • ポイントを貯めればATM手数料無料に無利息期間も適応可能
  • 上限金利が17.8%と他社よりも低いため安い金利で借入できる
プロミスの貸付条件一覧表
実質年率借入限度額審査時間目安土日祝日の対応
4.5%~17.8%1万円~500万円まで最短30分平日と同条件
担保・保証人無利息期間対応アプリ出金モアタイムシステム
不要初回融資から30日間対応可能導入済※

プロミスの審査を受けることができる人の条件について

プロミスの審査を受けるための条件は年齢が20歳以上69歳以下の本人に安定した収入がある人が利用可能です。

障壁自体は高いものではなく、現在仕事をしている人であればほとんどの方が該当するかと思います。では実際にどのような方がこの条件に該当するのか一覧表にしたので、ご参考下さい。

申込可能な方一覧
公務員正社員派遣社員学生(アルバイト)
年金受給者主婦(パート)専業主婦無職(ニート)
×××

原則として、本人に収入がある人のみ利用することが出来ます。雇用形態に関しては特に制限がなく、学生であってもアルバイトをしている方、主婦の方でもパートをしている方であれば利用可能です。

年金受給者の方は、例え年齢が65歳の方であったとしても、年金のみの収入の方は利用することが出来ません。別に家賃収入や、アルバイト、外注社員などの雇用形態で別の収入がある場合は審査を受けることが可能です。

専業主婦の方の場合は、配偶者の方が仕事をしており安定した収入があったとしても本人に直接収入があるわけではないため利用することは出来ません。

学生の方も同様に、親の仕送りや、奨学金が定期的に振り込まれている方であっても、本人の収入ではないため利用することは出来ません。アルバイト等により本人に収入が必要です。

プロミスは勤続年数の短いアルバイトやパートでも審査を受けることはできる?

プロミスはアルバイトなどの採用が決まった時点で申込可能

ローンを組むためには、ある程度の勤続したという実績が必要ですが、プロミスの場合は採用が決まった時点で申込を行うことが可能です。しかし、2点ほどクリアしなくてはならない条件がありますので簡単に説明します。

見込み年収の記載

年収の見込みとなる金額を申し込み時に入力しなてくはなりません。プロミスは貸金業者であるため、総量規制の対象となり、年収の1/3以上の貸付は例外を除き行うことが出来ません。

そのため予想となる年収の記載が必要です。この算出方法は単純な掛け算で構いません。以下の計算を行ってください。

時給額 × 勤務時間 × 月間出勤日数 × 12ヶ月 = 見込み年収

わかりやすく例を挙げると、時給を1,000円として1日4時間ほど週3で働いた場合は、1ヶ月あたりの収入が48,000円となります。

これを1年続けると576,000円です。この金額が年収となりますので、こちらを入力します。手取り金額ではなくこの金額そのままの記載を行うようにしましょう。

プロミスの在籍確認が出来るか?

後述で詳しく説明していますが、在籍確認という実際にそこで仕事をしているのかという事を確認するために職場へプロミスが電話連絡を行うのですが、採用が決まった時点で同僚等に名前を知られていない状態であるため、そのような人はおりませんと返答する場合があります。

こうなってしまうとプロミスの審査落ちとなるため自身で電話対応するか、名前を覚えてもらっておくのかどちらかが対策方法となるため対応方法を考えておきましょう。

プロミスの審査基準について どんな事を審査されるのか?

審査は仕事をしていて過去に金融事故を起こしていない、もしくは現在返済能力以上の借入がないという方であれば、基本審査に落ちるということは考えにくいと言えます。

プロミスは貸金業者なので貸金業法に基づいて審査が行われます。プロミスの審査基準は日本貸金業協会の自主規制基本規則に従い審査が行われています。

貸金業者はローンの審査項目を公開していません。審査項目や内容に関しては完全にブラックボックスです。しかし、プロミスの審査が日本貸金業協会の自主規制基本規則を遵守しているという点や実際の体験や口コミ等で、ある程度予測することが出来ます。

プロミスの審査は申し込み後、以下の項目を自動でスコアリングし、貸付可能額を算出します。そして審査担当者の人間の目で各審査項目を細かくチェックを行い、審査に通ればプロミスと契約となります。

プロミス審査の審査項目一覧
  • 年収の高さ
  • 収入の安定性
  • 月々の各支払い等による支払い能力
  • 利用しているローンの契約数
  • 他社カードローンの利用状況
  • 他社ローンの返済状況
  • 過去の金融事故歴

プロミスの審査でチェックされる項目はこの程度です。信用情報に関しては社会的信用等は関係なく、ローンにおいての信用情報となります。では、これらの項目について個別に解説していきます。

審査項目1.年収の高さについて

プロミスの審査が行われる年収のイメージ写真

年収の高さというものは審査の可否では、さほど重要ではなく、最大の貸付可能額の算出の為に利用する程度です。

プロミスは貸金業者であるため総量規制対象となります。年収の1/3以上の貸付を行うことができないという仕組みになっています。貸付が返済能力を超えないようにすることを目的とした利用者を守る為のルールです。

たとえば年収が600万円だとすると、プロミスが貸付を行うことができる金額の最大は200万円です。しかし、この年収の1/3というのは1社だけではなく同じく貸金業者から受けている消費者ローンと共有されます。

つまり年収600万円の方でアコムから100万円ほど融資を受けている人はプロミスから融資を受けることができる金額は100万円になるということです。この金額を算出する為に年収を報告しなくてはなりません。

年収は自己申告制である

貸金業法の場合、原則50万円までの貸付であれば収入証明書の提出は不要であり、プロミスも例外ではありません。提出が必須条件となるのは以下の条件を満たした場合です。

  • 融資希望額が50万円を超える場合
  • 他社借入金額とプロミスへの希望額が合算し100万円を超える場合

この場合以外は融資をスピーディに行うため、プロミス以外でも原則収入証明書の提出は不要とされているため、年収は自己申告する仕組みとなっています。

ただし例外としてプロミスの審査担当者が収入証明書の提出も必要と判断した場合、上記2つの条件に該当していなくても収入証明書の提出を求められるケースもあります。その場合、申告した年収が嘘だとバレることになるため、できる限り正確な年収を申告をしましょう。

審査項目2.収入の安定性について

こちらは、どの程度収入が安定し、返済を滞りなく続けることが出来るのか審査を行います。

その為、自営業1年目の方の年収1,000万円よりも大手企業へ勤続し1年目の年収が400万円の方の方が評価が高くなる傾向があります。

こちらは要素がいくつかあり、勤め先の給料の安定性と離職率の低さの評価ポイント、職業の種類、今の現状で勤めている会社の勤続年数などがあります。

勤め先の会社規模

勤め先の会社規模は、当然ながら就職難易度の高い大きな企業へ勤めている方が高い傾向があります。

自営業者や法人経営者の方は収入の安定性が勤続実績に比例して上がっていくため、1年目の方は安定性は低いとされています。しかし、私のケースでは自営業1年目時にプロミスと50万円の限度額で新規契約した事があるため、そこまで懸念する要素ではないと考えています。

職業の種類

次は職業の種類です。弁護士、薬剤師、公認会計士などの士業や医業従事者などの職業等もプロミスの審査に影響します。しかし前述の通り50万円以下の個人向け融資であるプロミスの場合はそこまで審査面で気にする項目でもないかと思います。

勤続年数の長さ

プロミスの審査で最も重要なのがこの項目です。基本的に勤続1年以上の方は50万円の限度額で審査に通っているケースが多いですが、アルバイトなどで勤続3ヶ月以内の方は審査に通っても限度額が10万円といった傾向があるので、プロミスの審査は勤続年数を重要視している傾向があります。

プロミスの審査に通るためには、限度額は10万円以上~50万円以下で希望しましょう。そして現在の職場に最低でも3ヶ月以上の勤務実績が必要だと考えておきましょう。

審査項目3.月々の各支払等による支払い能力について

プロミスの返済額一覧表(パンフレットの写真)
プロミスの最低返済額一覧表(パンフレットの写真)

現在の月々の固定費等の支払い状況で、新たにプロミスと契約しても毎月滞りなく返済が可能なのかを審査します。

50万円の限度額ならプロミスの最低返済額は13,000円になるので、この金額の返済が可能なのかを審査します。家賃や他社ローンの支払い等の金額を合算し、月々の残高が幾らあるのかを算出します。

返済の余力チェックを行い、最低でも月に2万円程度残高がある状態ならば、さほど気にすることはありません。

審査項目4.利用しているローンの契約数と利用状況について

携帯電話の分割払いがローンとして信用情報に登録されている事を証明する写真
スマートフォンの分割払いもローンとして登録されている。
この情報は全ローン業者が審査時に参考資料として利用される

支払い金額がそこまで多くないとしても組んでいるローンが多い場合は要注意です。例えばスマートフォンの分割払いもローンとして登録されており、10台のスマートフォンを分割で支払い中など極端にローンの件数が多い場合、プロミスの審査に落ちる可能性があります。

また、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠などを利用していないにも関わらず、プロミスに申込を行った場合も同様に要注意です。

現在アコム、アイフル、モビットの3社で残債0円の状態で限度額50万円でプロミスへ申込を行った場合も審査落ちとなる可能性があります。理由は現在3社からの借入金額は0円の状態ですが、いつでも150万円位を借入できる状況にあるからです。

私の経験ですがプロミス、アコム(ACマスターカード)、アイフル、レイク(現新生銀行カードローンエル」の4社の契約があり、いずれも残債は0円でした。

この状態で金融事故歴もなく、ローンの滞納もしたこともありません。また、ローンの申込情報は6ヶ月残ります。私は6ヶ月以上、他社ローンの申込もしていませんでした。それにも関わらず、SMBCモビットの審査に落ちました。

審査落ちの原因として考えられるのは、残債が0円のカードローン契約数が多いから、もしくは残債が0円であっても限度額分融資を受けている状態であると審査で判断されたのだと思います。

ローンの契約数は返済実績として審査評価に加味されるため1社、2社程度の支払い中の場合は審査にとってプラスになることもありますが、ローン契約数が多すぎる事が原因で審査に落ちる可能性もあると考えておきましょう。

審査項目5.他社ローンの返済状況について(信用調査)

信用情報開示報告書内の返済状況が記載された部分の写真

ローン業者は申し込み時、もしくは契約中に申込者または契約者の信用情報の閲覧に同意を求めます。信用情報というのは、ローンを組まれた経験のある方は指定信用情報機関に借入履歴や返済履歴などが必ず保管されています。

指定信用情報機関一覧

これらに個人の信用情報が保有されており、データを閲覧することで現在の返済状況を正確に把握できます。現在返済中のローンは24ヶ月前までの返済履歴の情報が保管されています。返済中のローンが滞納や遅延して支払った場合は審査に悪影響を及ぼすため、注意が必要です。

当サイトの調査では過去24ヶ月以内に4回ほど遅延払いの経験がある方が審査に通った事例があります。この滞納情報は時間と共に回復する為、審査に落ちた原因が滞納や遅延回数が多いという方はまずは信用情報の回復に努めましょう。

現時点で滞納中のローンがある人はプロミスの審査に通らないので注意!

滞納や遅延したとしても、それが解消されていれば問題ありませんが、プロミスへ申込を行った時点で滞納中のローンある人や、過去のローンで放置してしまった経験のある方は注意が必要です。

滞納中の状態を解消しない限り、プロミスの審査に通ることはありません。滞納金の支払いを行い、滞納を解消して翌月に正常に返済したという情報が記載された後にプロミスに申込するようにしましょう。

審査項目6.過去の金融事故歴

傷ついた信用情報の写真

ブラックリストというのは実は存在せず、こうして信用情報に過去の事故歴が記載されているからローンが通らない状況であるということです。

過去に債務整理等の経験がある方は、この情報が消えるまで5年掛かります。長い人の場合は金融事故の履歴が8年間残ることもありますが、目安としては債務整理を弁護士や司法書士へ依頼し、受任通知が送られてから5年というのがひとつの目安となります。

プロミスの審査に通りやすい人と通りにくい人の違い

プロミスの審査基準を踏まえると、プロミスの審査に通りやすい方の特徴は現在仕事をしている方でこれまでローン等で問題をおこなしてない人であれば、プロミスの審査に落ちることは考えにくいです。

しかし、プロミスの審査通過率は大体44%から47%前後となっています。プロミスの発表している審査通過率というのは月次データに掲載されていますので、データを見てみましょう。

プロミスの審査通過率の推移
年月申し込み数契約数審査通過率
2020年2月49,414名22,197名44.9%
2020年1月48,111名20,405名42.4%
2019年12月41,995名18,325名43.6%
2019年11月49,429名23,019名46.6%
2019年10月47,484名22,286名46.9%
2019年9月51,351名23,785名46.3%

毎月2万名以上の人がプロミスと契約しているのが分かります。しかし、申込者の約半数がプロミスの審査に落ちているのも分かります。

データだけを見るとプロミスの審査を受けるのがとても不安という人もいると思いますが、プロミスで審査落ちする人の特徴をいくつか例に上げていきます。

プロミスで審査落ちする人の主な要因

具体的に挙げると下記のような理由で審査に落ちになっていると考えられます。

  • 申し込み条件を満たしていない方の申し込み
  • 審査で嘘の情報を記載した人
  • 融資希望額が初回から100万円を超えている人
  • 単純に他社で借りすぎている人
  • 会社へ連絡がつかない人
  • 他社のローンを払えずに放置している人
  • 何度もプロミスへ申込をしている人

プロミスの申し込み基準は20歳以上~69歳以下の安定した収入のある方ですが、この条件を満たしてない人の申し込み数が多い傾向にあると考えています。

例えば、年金受給者は年齢も安定した収入もあってプロミスの申込条件を満たしていますが、プロミスは年金受給者の申込を断っています。

生活保護受給者、無職、休職中などプロミスの申込条件を満たしていない、または申込を断っている属性の人からの申込もデータに入っています。

既に他社から借入金額が相当あり、プロミスへ借り換えで申込を行われた人や初回融資から100万円を希望した人などもプロミスで審査落ちになる要因です。

また、虚偽の申告を行い、後でそれが明るみになったため審査に落ちたという事例もあります。

過去5年以内に債務整理の経験がある人

過去5年以内に自己破産等の債務整理をしている場合は、プロミスの審査に確実に通ることはありません。

どうしてもプロミスから融資を受けたい場合はCICやJICCの信用情報を開示し、信用情報の保有期限の欄を確認し、その期限が切れたタイミングからまた再度利用できるようになります。

ただし、以前に債務整理をプロミスに対して行った場合はプロミスとプロミスが保証会社についている銀行カードローンは2度と利用することが出来ません。

直近6ヶ月以内に他社でローンに3回以上申込した人

これは申込ブラックという状態でプロミスはおろか他社でもまず通ることがない状態です。

過去6ヶ月以内に3社以上のローンに申込を行った人はプロミスの審査にほぼ落ちると言っていいので、申込情報が抹消される6ヶ月後に再度プロミスに申込をするようにしましょう。

他社ローンで過去2年以内に4度以上の滞納、延滞がある

信用情報は他社のローンで滞納した場合でも連帯責任となり、プロミスの審査に悪影響があります。延滞、遅延の情報は24ヶ月ほど信用情報に残るので一旦はこの返済状況が滞納のない状態まで信用情報を回復させることが重要です。

私の経験では過去24ヶ月以内に3度滞納がある状態で審査に通ったので、信用情報に関しては3度までなら大丈夫だと思います。

ただ、遅延や滞納は例え返済能力が高い状態の人であってもかなりのマイナスポイントになるので要注意です。

プロミス申し込み時に嘘の情報を記載した人

これが一番もったいない落ち方です。プロミス申し込み時に嘘の記述がそれにあたります。例えば、他社への借入が既にあり年収の1/3を超える総量規制に該当かも知れない事を申告しなかったり、年収を高く記載する事など。

既に退社した会社に在籍しているように見せかけることなどは悪質な嘘の記述と見なされ、正確な情報を記載していれば審査が通る状況であったとしても審査に落ちることになります。

プロミスで審査落ちしないための3つのポイント

プロミスの審査落ちをしないために知っておきたい3つのポイントを紹介していきます。

申し込みは正確な情報を記載する

まず、先ほど説明はしましたが、当たり前の話で、嘘の情報を記述するのはNGです。

他社借入金額を低く見せたりしても信用情報で正確に他社の合算したローンの金額を審査の時に把握するので、正確な金額とかけ離れた金額を入力すると不正に審査に通ろうとするとマイナスポイントになります。

本当に借入金額の合計が分からない場合であっても自分の借金額も把握できていないとマイナスポイントになるので要注意です。また、総量規制に該当しないように年収を高くするような事も当然NGです。

他社借入を合算して100万円を超える可能性がある場合は収入証明書の提出を求められますし、50万円を超える融資を希望しても収入証明書の提出は必要です。

この時に嘘の年収というのがバレるので、本来は30万円の融資であれば審査に通るのに、100万円の限度額を作りたいからといって嘘の年収を記述をすれば審査落ちにされる可能性があります。

大抵はプロミス審査の時に50万円の融資枠に落ちたとしても30万円までの枠だったら作れますと話を持ちかけられる事もあります。しかし、嘘の記述をした場合は問答無用で審査落ちになることもあるので注意しましょう。

借入目的にギャンブルはNG

プロミスは借入目的を聞かれることがあります。申込フォームに借りたお金をなんの資金として充当するのかという事の記載は不要ですが、審査完了の電話の時に「今回はどんな理由で融資されるのですか?」と聞かれる事があります。

この時にギャンブルを目的とした理由というのは致命的ではありませんがマイナスポイントになるので超注意です。

プロミスのは利用用途は「生計費」のみなので、生活費への充当や趣味の範囲程度での利用にしてください。

ほとんど聞かれる事はありませんが、ギャンブル目的でプロミスを利用するのはマイナスになると考えておきましょう。

プロミスから必要以上のお金を借りようとしない!

プロミスから必要以上のお金を借りようとしないことも重要です。プロミスだけではなくカードローンという金融商品の性格上、一度借りたら金銭感覚が結構麻痺します。10万円借りたら月の返済額は2,000円~4,000円です。更に2万円借りても月の返済額は変わりません。リボ払いなので意外と返済負担の実感はありません。

安易に借りすぎてしまうというケースが多いので、必要な金額だけの借入にするようにしましょう。

希望融資額が大きければ大きいほど審査も厳しくなるので、5万円だけ借りたいのに100万円の融資を希望して審査に落ちるというのは本末転倒です。必ず希望融資額は最低限の金額を入力にするようにしましょう。

プロミスは無職の人でも借りることってできるの?

プロミスの申込条件に「安定した収入」があります。何かしら収入がある状態で、これをクリアできれば無職でもニートでもプロミスからお金を借りることができます。

例えば事業届を出していないフリーランスや、どこにも属さずインターネットで安定した収入がある人など、こういう属性の人なら無職というステータスでもプロミスを利用することは可能です。

本当にあなたは無職?完全なる無職状態を無くすには

まず、申し込み条件にある安定した収入をクリアできるか?はプロミスの審査次第ですが、以下の方法で申し込みはできるようになります。

  • パート・アルバイトをしている、または始める
  • 派遣会社に登録し、数回派遣される
  • 個人事業主として開業する

プロミスの場合、何も正社員として働かなくても借りられる可能性はあります。厳密に言えば、勤務年数が長いほうが審査に通りやすくなります。

もし、現在無職であっても失業保険を受給していない状態であれば、上記のどれかを実行すれば無職の状態は容易に抜け出せます。

失業保険を受給している場合、上記の方法はおすすめしません!失業保険を受給できなくなるか、罰則が科せられる可能性があります。

働き始めてから半年以上であるほうが、プロミスの審査には通りやすいと言われていますが、勤務年数が浅いからといってプロミスの審査に落ちるとも言えません。ケースバイケースなのです。

プロミスの審査は個人事業主だと厳しくなる?

プロミスは個人事業主であっても借入は可能ですが、正社員に比べるとやや審査は厳しくなる印象があります。

なぜなら個人事業主が借入する場合、ネックとなるのが安定した収入が見込めないと判断されるためです。そして個人の生計費として利用するのか、事業資金に近い目的で利用するのかが不明確であるためです。

特に事業資金に近い利用目的となると、貸付が難しくなりますがプロミスの場合、フリーキャッシングでの申し込みも可能です。しかし、大きな融資を希望する場合なら自営者カードローンという商品も用意されています。

もし50万円以下の借入を希望であれば、プロミスのフリーキャッシングを利用して、50万円以上借りたい場合はプロミス自営者カードローンを選ぶと良いでしょう。

プロミス自営者カードローンを利用する場合は「前年度の確定申告書」か「青色申告決算書または収支内訳書」を提出する必要があります。

管理人含め、友人の個人事業の経験から主個人事業主がプロミスを利用する場合は開業してから4年以上経っているほうがプロミスの審査に通りやすくなると感じています。

ただ、審査に通るかはプロミス次第、過去に他社ローンで支払いの延滞や踏み倒し、既に総量規制の対象となる借入をしていなければ新規で借入できる可能性はゼロではありません。

プロミス レディースキャッシングの審査って厳しい?

プロミスレディースキャッシングの審査ですが、プロミスのフリーキャッシングと審査基準は変わりません。プロミスレディースキャッシング最大の特徴はプロミス側の応対スタッフが全て女性オペレーターということ。

プロミスレディースキャッシングは申し込みしてきた女性ユーザーが男性スタッフの対応よりも安心して利用できるように配慮しているサービスです。

プロミスレディースキャッシングの審査はフリーキャッシングの審査とどこが違うの?

プロミスレディースキャッシングとプロミスのフリーキャッシングの審査難易度は同等です。つまりプロミスレディースキャッシング審査において優位性は特にありません。女性ユーザーといって審査が甘いわけではありません。

あくまでも女性スタッフが対応するだけであり、プロミスのフリーキャッシングと変わらないと考えてください。

プロミス利用者の口コミ一覧

34歳 会社員 年収390万円 利用満足度: 4.5

仕事中の合間を縫って申し込みしましたが、トイレに隠れてWEB申し込みをして職場に戻りパソコンを打つこと10分程度・・。
はて?知らない電話番号から電話が・・・。

電話に出るとプロミスのオペレーターの人で「審査が完了したのでこの後の手続きはネットでそのままされますか?」という内容でした。

「じゃあ、そのままネットでお願いします」と答えてアプリから身分証明書の写真を送りました。会社に電話での在籍確認が済んだら、プロミスからもう一度電話があり「契約できたのでもう利用できます」という事を伝えられました。

幸いにも営業職なので、私が電話対応するのは不自然ではないので合計で1時間30分のうち3回電話で話したのですが、仕事の合間に対応していたらプロミスとの契約は仕事が終わる前に完了しました(笑)。

この頃と同時期に車の購入しマイカーローンを組んだのですが、これが審査で2週間くらい掛かり、融資を受けるまでざっと3週間かかりました。

マイカーローン審査のこともあったので「まぁ、カードローンも審査って時間かかるよね。即日融資は流石に出来んだろう」と考えていたのですが、申し込みからわずか2時間足らずでいつでも借りられる状態になったのには驚きました。

他社はどうなのかちょっと分かりませんが、プロミスは審査がとにかく早くて今日どうしてもお金を借りたいという人はプロミスを選んで間違いないと思います。

タイトルとURLをコピーしました